どんな風に式は進行するの?!

チャペルウエディングとは

チャペルでおこなわれるキリスト教式の結婚式は、現代でも結婚式を挙げるカップルの半数以上に選ばれている人気の挙式スタイルです。白いウェディングドレス姿の花嫁とタキシード姿の花婿がステンドグラスの前で立つ姿は、結婚式といえばコレ、という人も多いことでしょう。そんなキリスト教式の結婚式は、祭壇の向かって右側に花婿の親族や友人、向かって左側に花婿の親族や友人が並んで式を見守ります。式にかかる時間はおおよそ20分から30分程度。新郎の入場から始まり、2人が退場するまでが、チャペルでおこなわれる結婚式です。
その後は、ライスシャワーやフラワーシャワーなどで2人を送り出し、パーティ会場に移動して披露宴がおこなわれる流れになっていることが多いのが特徴です。

チャペルウエディングの具体的な流れ

まずは花婿が入場し、祭壇の前で花嫁が入場してくるのを待ちます。花嫁は父親(もしくは親族)とともにバージンロードをゆっくり歩いて、祭壇前に向かうのが特徴です。そして皆で一緒に賛美歌を歌いますが、その後からが結婚式のメインといえるでしょう。聖書の一説を朗読した牧師が、結婚を誓うかと花婿・花嫁にも尋ね、双方が誓うと答えたら指輪の交換です。最初に花婿が花嫁の左手の薬指に指輪をはめ、そのあと花嫁から花婿へ指輪をはめたら、ベールを挙げて誓いのキス。拍手に包まれ、チャペルウエディングのハイライトとも言えるでしょう。 その後は結婚証明書にサイン、牧師が婚姻が成立したことをゲストに報告します。最後は、花婿と花嫁が腕を組んでバージンロードを歩いて退場するので、ゲストは拍手で見送ります。

© Copyright The Wedding Smoothly. All Rights Reserved.