どういう場所でできるの?

神前式とはどんな挙式?

神前式の結婚式は、日本古来の伝統を大切にしたもので、厳かながら暖かい雰囲気の挙式がおこなわれます。幽玄な雰囲気の式場で、紋付袴の新郎と白無垢や色打ち掛けなどの花嫁衣裳の新婦が夫婦の契りを結ぶ神聖で趣深いセレモニーが繰り広げられます。儀式は神社によって違うこともありますが、一般に神職の導きで、穢れを祓い、神様に結婚を報告し、三々九度の盃や指輪の交換、誓詞奏上などで二人の将来を誓い合うという形で進みます。通常、参列者は家族や親族のみですが、スペースに余裕があるときには友人なども参列できる場合もあります。また、外から式場が見えることが多いので、居合わせた参拝客からの注目を集めるということもあり、多くの人の祝福を受けられることになります。

由緒ある神社での挙式も可能

神前式は、結婚式場やホテルの中にある神殿のほか、実際の神社でも多くのところでおこなわれています。ウエディング施設の神殿が特に制約もなく利用できるのはもちろん、神社での挙式もかなりオープンに受け付けられています。神社は日本人の心に根付いている存在であるためか、キリスト教の教会で挙式するときのように信者(氏子)でなければ事前に講習などを受けなければならないということはありません。挙式をおこなっている神社であれば、どこの神社でも受け付けてくれます。近所の氏神様で出来るところもあるし、歴史的に価値がある世界遺産の神社など観光客が多く訪れる神社などでも出来るところもあります。希望の神社があれば、問合わせてみましょう。

© Copyright The Wedding Smoothly. All Rights Reserved.