神前式で着る着物ってどういうもの?

神前式の定番は白無垢

神前式で着る着物の定番であり、最も格式が高いのが白無垢です。打掛(一番外側の着物)や掛下(打掛の中に着る振袖)、扇子などの小物がすべて白で揃えられています。白無垢の「白」には「純潔」、そして「嫁ぎ先の家風に染まる」といった意味があり、婚礼の衣装としてふさわしいとされています。白無垢で挙式するときには綿帽子か角隠しをかぶりますが、披露宴の場でははずすのが一般的です。髪型についてはカツラと洋髪から選ぶことができます。厳かな式には伝統あるカツラがピッタリです。しかし、洋髪のほうが好みのヘアスタイルにしたりアクセサリーをつけたりと自由度が高いことから、近年は白無垢に洋髪を合わせるのが主流となっています。

色打掛や引き振袖を着ることも可能!

神前式では白無垢以外にも色打掛や引き振袖を着ることもできます。色打掛とは、室町時代より武家の花嫁の正礼装とされてきた着物であり、鮮やかな色や模様から、非常に華やかさがあることが特徴です。一般的には挙式では白無垢、そして披露宴では色打掛を羽織ります。しかし、色打掛は白無垢とほぼ同格の婚礼式服なので、挙式にも着用することが可能です。

引き振袖とは、腰の部分で丈を調整せずにあえて裾を引きずる振袖です。引き振袖の中では黒引き振袖が最も格式が高いとされています。以前はこの黒引き振袖だけが挙式で着ることが可能でしたが、近年は様々な色の引き振袖が登場しています。白無垢や色打掛よりも格式が下ではありますが、打掛を羽織らないため軽く、着物に慣れていない方や妊娠中の方にオススメです。

© Copyright The Wedding Smoothly. All Rights Reserved.